渉外委員会

青年会議所には成長の機会があります。全国各地にて開催される各種事業等に参加することで、学びや想いを共有し、自己の成長に繋げていく必要があります。また、メンバーは常に主体性を持って事業に取り組んできました。これを大きな運動にしていくためには、一人ひとりの主体性だけでなく、各委員会と連携を行っていくことが大切です。そして、継続して運動を起こしていくためには、これまで培ってきた経験や、想いを引き継いでいく必要があります。

 本年度渉外委員会では、出向者支援として委員会メンバーが事業内容を理解し、周知することで他のメンバーを巻き込み、出向者と連携して日本青年会議所が行う事業の魅力を伝え、参加してもらうことでメンバーの自己成長を促します。そして、となみ青年会議所の運動をより円滑で大きなものにしていくために、各委員会ごとに一年間を通してどのような活動を行うか理解してもらう機会を設けます。さらに本年度の最後には、卒業されるメンバーのこれまで培ってきた想いを引き継いでいき、より継続的に運動を起こしていける架け橋となる事業を開催します。

 愛のある渉外活動、委員会運営を目指し、「有言実行」のスローガンのもと、率先して行動すると共に、相手の立場や気持ちを考えて行動するおもてなしの精神を育むことで、社業や地域の発展に繋げていきます。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう